子供靴 子どもの足 足型測定 外反母趾 扁平足 靴選び フィンコンフォート MBT コンフォートシューズ&オーダーメイドインソールは、京都市北区北大路にあるフラウプラッツへ
子供靴 子どもの足 足型測定 外反母趾 扁平足 靴選び フィンコンフォート MBT コンフォートシューズ&オーダーメイドインソールは、京都市北区北大路にあるフラ

はじめにお知らせ子供の足と靴ショップ案内FRAU's Blog

 [子供の足の発達と靴 ] [子供靴選びのポイント!2]   足と靴掲示板 オーダー 

よい子ども靴の条件

子供靴は、どういう靴がいいのでしょう?    

1)素材は、天然の革がベスト!

子供の足は新陳代謝が活発で、汗をたくさんかき、また皮膚も柔らかくデリケートです。吸湿性や適度な弾力・伸縮性に富み、化学物質を使わない天然のアニリン染めで仕上げてあるものや、内張りも天然の革であることが望ましいです。
靴の中のインソールが取り外しができるタイプだと、靴の中が蒸れた時に取り出して洗ったり、乾かしたりできます。また、ご家庭でサイズチェックも簡単にできます。

2)デザインは、足を固定するヒモやベルクロがあるモデルがベスト!

つい、デザインで選んでしまいがちですが、子ども靴は、機能性のあるものを選択しましよう。足が靴の中で前滑りしたり、カカトが脱げたりしないよう、ヒモやべルクロ(マジックテープ)でしっかり固定できるものを履かせてあげましょう。もちろん、ベルクロを締めているのに、スポッと脱げてしまう靴は、踵まわりの設定が大きすぎるというサインです。

3)つま先は、足趾が伸びるだけのスペースがあること!

ベビーの時期は、足趾が広がっていますので、裸足の状態を再現できるような爪先の広い靴を選択し、キッズの頃は、アーチ(土踏まず)の形成を促すためにも、幅広の靴ではなく、爪先と足幅を圧迫しない程度のフィット感のある靴にしましょう。
また、つま先の余裕だけではなく、母趾で地面を蹴る運動を妨げないように十分な厚み(高さ)があることも大切です。

4)アーチができるまでは、足首までの深さがベスト!

土踏まずの形成もカカトと足首の関節も未完成な時期での3歳くらいまでは、変形を防止するためにもハイカット(くるぶしより上まである)靴でサポートするとよいでしょう。ただし、年齢ではなく、個別の足の形態により、3歳以降もハイカットを継続するか、ローカットに移行するか?が変わりますので、定期的に足をチェックする必要があります。
また、状態によっては、医療機関の受診をおすすめするケースもあります。

5)かかとの収まる部分は、しっかりしていること!

手で靴のかかと部分を掴んでみて、簡単に潰れてしまったり、靴全体をねじってみた時に、柔らかすぎて容易にねじれたりするものは避けましょう、
品質のよい子供靴には、カカト部分に月形芯が入っており、未完成な子供の足根骨(踵まわりの骨)が歩行時に強く倒れ込むのを防いでくれます。

6)靴底は、足趾の曲がる位置で靴も曲がること!

歩行が未熟な頃に使用するベビーの靴は、靴のつま先部分が少し上に反っているとスムーズな歩行を促してくれます。
ベビーもキッズも、足趾の付根(踏み替え時に曲がる部分)と靴底の曲がる位置が合っていることが大切です。靴を履いて躓くことが多い場合、この位置が合っていなかったり、靴底が硬過ぎたりすることが原因の場合が多いです。
また、逆に靴底が
不自然なところで二つに折れ曲がってしまうような柔ら過ぎる靴もよくありません。
靴底の材質は、衝撃吸収力のよいウレタン製などがよいでしょう。


子供靴を購入する時は足のサイズを測って適正サイズを買いましょう。

 日本で高品質な子供靴を見つける事も子供靴のフィッティングがきちんとできるお店も、まだまだ数少ないのが、現状です。

日本で売られている子供靴は、キャラクターものをはじめデザインは豊富ですが、子供の“足の形に合わせて選ぶ”というコンセプトになっていないのです。同じ16センチの足長の子供が10人いたら、10人とも足の形は違うのですが、それを選び分けるような靴がありません。

 子供の足のサイズの変化は、下記の表に示した平均値からも1年で1センチ程度大きくなっているのがお解り頂けると思います。靴の買い替えは、5ミリ刻みの靴なら年間で2足が目安ですが、1〜3歳までは一番大きくなる時期ですので、4ヶ月おきにチェックして買い替える必要があります。

 しかしながら、靴のサイズも1センチ刻みという靴が多いことと、履かせる側も「すぐに大きくなるから」と、足のサイズより2センチ以上大きい靴を履いているお子さんもいらして驚いてしまいます。例えば、23センチのご自分の足より、2センチ大きい25センチの靴を履いて歩いてみてください。どんなに歩きにくく、不安定で疲れることでしょう。

その大きな靴で1日中歩けば不自然な歩き方しかできないので、きっと体中が筋肉痛になります。

 それを身体と運動機能の基礎ができる大事な成長期のお子さんに履かせていることの大変さを知って頂きたいと思います。

子どもの足の成長(年間平均)
年齢
足長の伸び mm
足囲の伸び mm
足幅の伸び mm
1〜2歳
14.7
12.2
5.5
2〜3歳
10.8
7.9
3.4
3〜4歳
9.4
7.6
1.7
4〜5歳
8.4
7.4
2.5
5〜6歳
7.2
9.8
1.2
平  均
9.7
8.1
2.2

ドイツWMS規格の場合:9ミリ〜15ミリ
(JIS規格の場合:メーカーや靴の構造により定義できません)

これは、あくまでも歩く時に履く靴のスペースの目安です。サッカーなどスポーツをする時の靴や目的によって、また、足の形状と靴の形よっては、これよりも少ないスペースで取る場合もあります。

3〜4ヶ月周期の定期的な足のサイズと発達のチェックをしましょう。

●足のサイズ計測の仕方は、こちらをご参照下さい。


供靴選びを任せられるお店とアドバイザーを見つけましょう。

1)専門知識をもったシューフィッターやアドバイザーがいるかどうか?
  子供靴を正しく選ぶためには、子供の足の発達と靴選びについての専門知識が必要だと思います。
  足や歩行についての基礎知識や靴合わせの技術が高いと安心ですね。

2)高品質で、様々な足形に合った品揃えがあるかどうか?
  
「WMS」規格とは?
  ヨーロッパのの子供靴の子供の健康のための靴作りにドイツで制定された規格。

       W (weit)    幅広・肉厚
       M (mittel)  標準・中間位
       S (schmal)  幅細・肉薄

この規格は、4年ごとに子供の足を計測したデータで、設定の見直しが行われています。
その上で、木型(靴をつくる元になるもの)が足にあってるかどうかは、デザインや革質などでも多少変わります。同じ「mittel」のタイプの靴でも、デザインによって甲の高さの設定が低いタイプもあれば、比較的、内寸がゆったりしているのもあります。どの木型のどのタイプの靴がいいかを見極め「フィティングの技術」は長年の経験と、いかに多くの靴の木型の特徴を知っているかということだと思います。

3)定期的なチェックを受けられるかどうか?
  足のサイズは、春休みや夏休みにぐっと大きくなることが平均的によく見られます。
  但し、どの時期に伸びるかは個人差がありますので、定期的にサイズチェックしてもらいましょう。

成長期だからこそ、お子さんの足に合った正しい靴を履かせてあげて下さい。

子供靴選びって大切です よい子ども靴の条件 


各種お問合せはこちらから→メール
只今、ホームページのリニュアル中のため、リンク切れ等が多く、見づらくてすみません。

Sorry,This Homepage is Japanese Version Only. 無断複写転載禁止 掲載されている文章,画像を含む全てのコンテンツの著作権は Frau Platz に帰属しています.
Copyright(c)1998-2016 Ein Weg, KomfortSchuhe FRAU&Frau Platz.