子供靴 子どもの足 足型測定 外反母趾 扁平足 靴選び フィンコンフォート MBT コンフォートシューズ&オーダーメイドインソールは、京都市北区北大路にあるフラウプラッツへ
子供靴 子どもの足 足型測定 外反母趾 扁平足 靴選び フィンコンフォート MBT コンフォートシューズ&オーダーメイドインソールは、京都市北区北大路にあるフラ

はじめにお知らせ子供の足と靴ショップ案内FRAU's Blog

 [子供の足の発達と靴 ] [子供靴選びのポイント!]   足と靴掲示板 オーダー 

子供靴を選ぶ時の優先事項って、何ですか?

Aママ 「子供の足はすぐ大きくなるから、大きめの靴を買ってるわ。」

Bママ 「男の子でとにかく痛むんです。買い換えが大変だから、なるべく安い靴がいい。」

Cママ 「えぇっ革靴?すぐ汚れるから洗えないと困るの。普段に履く靴は、洗える布靴。」

Dママ 「紐靴がいいって聞いたけど履かせるのが大変だから、マジックテープの簡単な靴。」

Eママ 「幼稚園は自分で脱ぎ履きできる靴じゃないとダメなんです。だからスリッポン靴。」

 これは、ママさんたちからよく聞くお声です。でも、ちょっと待ってくださいね。

子供の足は、成長途中のとても大切な時期で、一生の足の機能に影響すると言っても過言ではありません。そういう時期だからこそ、少し投資して欲しいなぁって思います。先進国で裕福な国のはずの日本の子供の履いている靴は、なぜか粗末なモノです。ワンシーズン限りの毎日着れない洋服や、知育玩具や教材、早期教育にはお金をかけていても靴には、せいぜい3000円程度でしょうか?ちょっとしたブランドの入った靴で、6〜7000円というところでしょう。

 決して、むやみに高いものを買ってくださいと言うのでは、ありません。もちろん、知育玩具や早期教育を否定している訳でもありません。ただ、虫歯にならないように、一生懸命歯磨きをしていたり、スイミングや体操教室に通って身体を鍛えることに熱心なママさんはいても、お子さんの足の正しい発達には、案外無頓着....なのが現状です。
 これは、日本の靴文化が遅れているのと、子供の足の発達の知識と啓蒙が少ないからでしょう。

 足は、体を支え、運動機能の基本となる大切なところです。正しい骨格の基本は、足からです。その足の成長に多大なる影響を及ぼすのが、子供時代に履く『靴』なんです。


安い靴か、高い靴か? 健康を安さで取り返せますか?

 靴の先進国ドイツでは、子供の靴にかけるお金を家計でちゃんと予算を組んでいるくらい子供の靴に対する意識は高いです。それは、安いだけの足に合わない靴を履かせて、子供の身体や発達に悪影響があった場合、その治療費やトラブルはお金に代えられない事をとてもよく認識されているからなんです。

 ちなみに 年間にかかる子供靴の金額を計算してみました。

1年間で、2〜3足買い替えるとして、平均価格12800円×3=38400円
ひと月当たりに換算すると、3200円!!

 これで健康な身体を育てる助けになるのです。高いか安いかは価値観の問題なので何とも言えませんが、決して無駄な投資ではないと思います。


大きめの靴や小さすぎる靴を履かせていてはいけない訳。

 子供の足の骨は、軟骨部分が多い状態で、特に足の指は柔らかくて変形しやすいのです。

大きめの靴を履く事で、靴の中で足が靴の前の方に滑り込んで、足趾が詰まってしまい変形する怖れがあります。また、靴の屈曲するボールポジションと足の曲がる関節の位置が合わないと歩きづらいので、足の筋肉や骨格の機能を正しく使った歩き方の“ローリング運動”が身につきません。

 お父さんやお母さん自身が、自分の靴のサイズの例えば23センチや26センチよりも1センチも2センチも大きい靴を履いて、歩いたり、遊び回ったりすることをイメージしてみて下さい。足が靴の中で固定できないので、足趾が痛くなったり、捻挫しそうになったりしませんか?

 小さくなった靴をいつまでも履いていては、いけないのも想像できますよね?
お子さんが自分で「足が痛い」と意志表示できればよろしいのですが、小さなお子さんは自分で訴えることができません。
それまでよく歩いていたお子さんが、突然歩かなくなったとご相談に来られて足と靴を拝見したら、足のサイズより1センチ近くも小さな靴を履いていて、靴の中で足の趾がギュウギュウに押し込められ変形していた、ということがよくあります。

 定期的な足のサイズ計測と靴のチェックをしてあげて下さい。


脱ぎ履きの簡単な靴は、足によくない訳。
 日本では、靴の脱ぎ履きの機会が多く、簡単に履ける靴ということが靴選びのポイントになっているようてす。特に子供の場合は、幼稚園や学校で、一斉に脱ぎ履きするためと制服・制靴の習慣から、簡単な靴を履かせていることが多いです。

 手を使わずに簡単に履けるいわゆる“スリッポン”の靴は、歩行の際に大切な、踵の安定と指先の自由を保つという観点からは、遠い履物です。

 足に合っていない スリッポン靴を履いていると、靴の中で足が安定しないので、フラフラとした歩き方になり、とても疲れます。また、歩く度に靴の中で足が靴の前方に滑り込んでしまうので趾先は屈曲し、巻爪やハンマートゥになったりします。脱げないように靴を足趾で掴みながら歩くことになるので、アーチ形成に必要なローリング歩行が身につかず、靴を引きずって歩く事で、膝や腰にも負担が大きくなり、姿勢も悪くなります。

 歩行や運動に適さない スリッポン靴ではなく、せめて足をしっかり固定し、安定して歩ける紐やマジックテープタイプの靴を選んであげて下さい。


では、いったい子供靴は、どういう靴がいいのでしょう?

各種お問合せはこちらから→メール
只今、ホームページのリニュアル中のため、リンク切れ等が多く、見づらくてすみません。

Sorry,This Homepage is Japanese Version Only. 無断複写転載禁止 掲載されている文章,画像を含む全てのコンテンツの著作権は Frau Platz に帰属しています.
Copyright(c)1998-2016 Ein Weg, KomfortSchuhe FRAU&Frau Platz.